愛知大学跡地プロジェクト MIYOSHI MIRAITO

SECURITY&RESILIENCEタウンセキュリティ

image photo
SECURITY&RESILIENCE

街と森を見守
「防犯カメラをはじめ、
安心・安全をより深く。

万一の災害時の備えや日常の防犯など、街づくりの視点から暮らしの「安全・安心」を追求。
街への出入口を限定し、敷地内に設けた20か所の防犯カメラや3つの調整池、
電線の地中化(一部)など、様々な対策を施しています。

街の防犯とモビリティへの
安全対策

カーゲートイメージCG

image photo

街や森「20か所
防犯カメラを設置

街の入口、森の入口、公園、街区内(一部)など、20か所に防犯カメラを設置。さらに子どもが身につけることで現在位置を把握することができるALSOKの「みまもりタグ」を採用しています。

image photo

出入口を限定した街づくり

分譲地内への出入口を2か所に限定した街づくりとし、外部からの不審者の侵入を抑制します。さらに各街区への出入り口は安全性に配慮し、人と車の動線を分けたゾーニングを採用しています。

現地参考写真

交差点に
「イメージハンプ

交差点に「イメージハンプ」と呼ばれる幾何学模様を描き、視覚のマジックとも言える効果によってクルマにスピードダウンを促します。

災害に強い
街づくりをめざして

スマート防災クラブハウス イメージCG

image photo

災害時(停電時)

災害時(停電時)には周辺のトヨタ自動車の車両店舗からEV車・PHV車の貸与を計画中。防災コミュニティセンターを電源供給源とし、地域に開放します。

image photo

最大約1.47万トン貯留できる
3つの調整池

大型台風やゲリラ豪雨など、水に関する災害が後を絶たない今だからこそ、雨水を一時的に貯水する3つの調整池を分譲地内に設けています。大雨などの災害から、人と街を守ります。

※3つの調整池 雨水調整容量:合計14,738t

COMMUNITY&SAFETY

周辺地域、みよし市と
一体となった
防災・防犯の取り組み。

分譲地内の災害対応と、子ども・ご高齢者の見守りの取り組みをきっかけに、
周辺の協力企業、行政、ALSOKと協定を締結し、
みよし市全体に展開していく「地域連携協定」を計画しています。

image photo

「みまもりタグ」が発するBluetooth®の電波を「専用アプリをインストールしたスマホ」や
「みまもりタグ感知器」が受信。スマホのGPSや「みまもりタグ感知器」の設置場所情報を利用して
位置情報の履歴を収集します。
「みまもりタグ」の情報を分譲地内・周辺の協力企業・ボランティア・市内公共施設などで感知することで、子ども・ご高齢者を見守ります。

「みまもりタグ」の情報を分譲地内・周辺の協力企業・ボランティア・市内公共施設などで感知することで、子ども・ご高齢者を見守ります。

  • 「みまもりタグ」の感知器を、分譲地内、周辺の協力企業、市内公共施設に設置を計画。
  • 子ども見守りの地域ネットワークの構築。
「みまもりタグ」アプリを使って、位置履歴の確認や接近時に通知を受け取ることで、お子さまやご高齢者の見守りや捜索等に役立てます。
地域で見守りに協力していただける方がインストールすると、「ボランティア」の一人として、「みまもりタグ」とすれ違ったときの位置情報を自動で提供する等の機能で地域に貢献することができます。

※位置情報は匿名の情報として提供されます。※行政および協力企業との連携を現在調整中です。

※掲載のCGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので位置・スケール等は実際とは多少異なります。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想程度に成長しておりません。
TENKUU no MORIZONO MIYOSHI MIRAITO Debut
資料請求はこちら本物件のカタログをお渡しします 来場予約はこちら街並み、森、公園を体感いただけます
資料請求 来場予約